写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

霧が晴れた昼に出現した霧氷の世界 

4713RimeIce1.jpg
濃霧だった昨日 昼になってやっと霧が晴れて来て…
霧氷の世界が出現した 白樺が白い綿帽子を被っている

4713RimeIce2.jpg
典型的な着氷現象だ 霧の粒子が小枝に付き直ちに凍る
日本では冬山でよく見られる 別荘前の白樺を見に行った

4713RimeIce3.jpg
白樺の小枝は着氷し易い もう昼なのに凄い霜が出来ていた
棘のように突き出た長い霜 1センチはありそうだ

4713RimeIce4.jpg
隣に続く灌木の茂みも幹や細い枝がすべて白くなっている

4713RimeIce5.jpg
同様に長く突き出た棘のような霜
霧に加え風のない日だった御蔭で昼に見事な霧氷が出現した

4713RimeIce6.jpg
零下5度の今朝も同様だが 全ての木々や草に付いているし…
棘ではなく氷粒のような霜 若干メリハリのない霧氷かなww


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : 自然の写真 - ジャンル : 写真



この記事をリンクする?:


[ 2023/12/02 09:04 ] 美しい自然 | トラックバック(-) | CM(12)
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。
本当に棘のような長い霜でした。
風がなく冷え込んだ時にみられる霜です。
今回は濃霧で零下だったので日中に出現しましたww
[ 2023/12/03 15:53 ] [ 編集 ]


白樺の小枝の着氷ですか。
ほんと棘のようにみえますね。
こんな光景見たことない気がします。
[ 2023/12/03 15:03 ] [ 編集 ]


お早う御座います。
有り難う御座います。
このような光景が出現する時は言わば穏やかな天候の時で、気温は低くても実際には寒く感じないんですよね。
それは撮りたいものが一杯あるからと言うこともありますが、体感温度が低くないからですww
[ 2023/12/03 02:42 ] [ 編集 ]


凄い景色ですねー
風向きもよくわかります。
撮り始めると寒くてもしばらく
帰れそうにいです。
[ 2023/12/03 02:21 ] [ 編集 ]


こんにちは。
そうなんです、今回は白樺が白い綿帽子を被ったようです。
もし空が青く、陽光があればもっと綺麗に見えたと思います。
残念ながら昨日も、また今日も全く太陽が顔を出しません…
[ 2023/12/02 23:22 ] [ 編集 ]


こんばんは。
確かに長い霜は北西の方向を向いているようです。
風は殆どなかったのですが、夜から朝にかけては南東からの微風があったと思います。
[ 2023/12/02 23:20 ] [ 編集 ]


こんばんは。
有り難う御座います。
毎年ですね。気温が下がり風のない日に出現します。
低温で霧が出ていると霜が付きやすく、昼にこんなに長い霜が付くのは珍しいですがww
[ 2023/12/02 23:18 ] [ 編集 ]


赤い白樺の枝が霧氷で白くなって、
白い幹に馴染んで、綺麗な白樺の木になっています。

冬の白樺は、霧氷や樹氷の姿が完成形なのかも…。
この状態で空が晴れたら、どんな景色になるのでしょう。
[ 2023/12/02 23:01 ] [ 編集 ]


シラカバの枝の棘のような霜、どれも同じ方向を向いていますね。風の影響を受けて霜が同じ方向に少しずつ成長しているように見えます。
いつもブログの応援に感謝しています。

村ぽち☆彡☆彡
[ 2023/12/02 22:20 ] [ 編集 ]


こんばんは。
次々出現する雪の世界。
白樺の霧氷ですか。真っ白なんでしょうね。
とても綺麗です。
冬の風物詩で毎年の事?
棘ではなく霜なんですね。
すごい現象です。
[ 2023/12/02 21:32 ] [ 編集 ]


こんばんは。
早速のコメント有り難う御座います。
零下の中で濃霧だったので、着氷がかなり進んだようです。
霧氷の白樺が白い帽子を被ったようで、確かに絵のように見え、冬の風物詩の一つでしょうねww
[ 2023/12/02 20:06 ] [ 編集 ]


こんばんは
白樺の木に霧氷がきれいに張り付いていますね

よく見ると白樺だけでなくすべての木に霧氷が張り付いていて
東山魁夷の絵のような感じになっています
美しいです

おきなそう
[ 2023/12/02 19:48 ] [ 編集 ]