写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

一緒に冬を越す野鳥達にも連帯感? 

4309Solidarity1.jpg
デッキにシジュウカラがいる…と思って覗くと下にスズメ
どちらも餌を食べた後なのだろうがジッととまっている
000拍手1000拍手2000拍手3
4309Solidarity2.jpg
雪はなくなったが気温は低い 一日中0度前後だ
それに昼間からもう薄暗い感じで例年になく天気が悪い…

4309Solidarity3.jpg
シジュウカラは霧がかかったような草原を見ていた
首をすぼめ丸くなっている 寒さ防止だ

4309Solidarity4.jpg
スズメも見つめる 渡りをしない数少ない留鳥の小鳥達
これから更に寒く日が短くなる…勿論承知しているだろう

4309Solidarity5.jpg
この小鳥達 喧嘩をしないで餌を分け合うだけでなく…
一緒に厳しい冬を越す連帯感のようなものを感じた

4309Solidarity6.jpg
さて今朝は零下3度 相変わらずどんより曇って暗い
風が強く体感温度は零下7度と言うことだが 寒かった

4309Solidarity7.jpg
最高気温は零下1度予報だ 池の岸辺がまた凍り始めている…


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : 鳥の写真 - ジャンル : 写真



この記事をリンクする?:


[ 2022/12/02 16:46 ] かわいい生き物達 | トラックバック(-) | CM(10)
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する



お早う御座います。
そうなんです、並んで同じ方向を見るこの小鳥達は感動的な光景でした。
厳しい自然を一緒に生き抜く知恵を共有している感じでしたねww
[ 2022/12/03 14:53 ] [ 編集 ]


異種の鳥たちが並んで同じ方向を見ている光景は
ほんとに感動的ですらありますね。
まさに連帯感でしょうね。
こんな小さな鳥たちですら、生きる知恵があるのにー
不満や愚痴ばかりの人属は反省せねば―と思わせられます、
[ 2022/12/03 09:25 ] [ 編集 ]


お早う御座います。
この光景を見て微笑ましく思いました。
当地のシジュウカラは腹部が黄色で日本のものよりもう少しカラフルです。
そしてスズメ以上に人間社会で生きて行くことを選んでいるように思えますww
[ 2022/12/03 03:59 ] [ 編集 ]


仲がいいのはいいですねー
シジュウカラはいい色をしていますよね。
山倉ではほとんどモノクロの鳥ばかりで
色があるのは鴨ぐらいです。
[ 2022/12/03 02:35 ] [ 編集 ]


こんにちは。
私もとてもいい光景だと思いました。
特に冬に向かうこの季節には厳しい自然の中で一緒に生きる仲間の感じですかね。
シジュウカラは日本のものと違っていますが、スズメは全く同じで、やはり陸続きに移動したのでしょうね。
[ 2022/12/02 23:16 ] [ 編集 ]


こんばんは。
どこかの大統領に見せてあげたいと言うのはまさにその通りですねww
野生の動物や鳥達は縄張りがあり、餌を巡って戦っていると言うイメージが強い部分もあります。
実際にはルールを守って共存している部分も多いことがよく分かりますね。
[ 2022/12/02 23:12 ] [ 編集 ]


異種の鳥のツーショットは、いい光景ですね。
こだわりを捨て、同じ時代を生きる仲間という感じです。

ポーランドのスズメの色柄は、日本のスズメとそっくりですね。
アメリカ西海岸で見たスズメは、色柄が違っていました。
距離が遠くても、陸続きなので似ているのでしょうか。
[ 2022/12/02 22:50 ] [ 編集 ]


餌枯れの冬場、異種の野鳥たちが仲良くこの餌場で共存する姿はどこかの大統領に見せてあげたいですね。同じ人間同士が戦争をしている場合じゃないですね。
いつもブログの応援に感謝しています。

村ぽち☆彡☆彡
[ 2022/12/02 21:57 ] [ 編集 ]


こんにちは。
零下に加えて風が強いので外は寒いです。
人間にとってもですがこの国で生きてゆく上で一番の障害は寒さです。
留鳥の野鳥達の生き方は観察していてとても興味深いですね。
[ 2022/12/02 19:22 ] [ 編集 ]


こんにちは
寒い日々ですね最高気温が-1℃で最低気温が-3℃ですか
真冬日ですね

雀もシジュウカラも争いもせず、餌をもらうことに感謝して
静かに暮らしている感じです
何とか厳しい冬にもめげず暮らしてほしいと願わずにはいられません
おきなそう
[ 2022/12/02 17:45 ] [ 編集 ]