写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

コウノトリの巣がまた空っぽだが… 

3725HatchingStorks1.jpg
ワルシャワ南郊外のコウノトリの巣を見回った 隣村の巣
隣の町中と町外れのこの牧場の3つの巣はいずれも抱卵中だった

3725HatchingStorks2.jpg
だが森中の巣 1週間前はコウノトリが座っていたのに空っぽ
巣のある家は空き家だ 冷え込みも続いたし やはりダメか…

3725HatchingStorks3.jpg
最後のゴルフ場と同じ経営のホテルに行くとここにもいない!
赤リスが動き回る敷地に入り 近くで確認したがやはり空だ
ここはすぐ近くなので2~3時間後に再度行くと…

3725HatchingStorks4.jpg
オッ いた! まだ抱卵中ではなく 餌取に出ていたらしい
座っているが…頭が2つ見える気がしたので望遠で覗くと…
やはり2つ 2羽が横に並んで座るのも珍しい光景だと思う

3725HatchingStorks5.jpg
仲がいいのは結構なことで 早く産卵して欲しいと願う
ひょっとしたら森中の巣も産卵前で出払っていたのかも知れない
ならばかなり遅い産卵だが まだ希望があるように感じた


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : 鳥の写真 - ジャンル : 写真



この記事をリンクする?:


[ 2021/04/30 17:27 ] コウノトリ | トラックバック(-) | CM(6)
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する


お早う御座います。
私もそう思います。
この4月は低温に加えて天気が変わり易く、営巣をする鳥達にとっては厳しかったです。
これからは天気が安定して欲しいです。
[ 2021/05/01 02:03 ] [ 編集 ]


これだけ天候が不順だと鳥たちも迷っているのでは?
全ての巣が満巣になることを願います。
[ 2021/05/01 01:25 ] [ 編集 ]


こんにちは。
寒くなるのが早いので、逆算して雛達が孵り、大きくなり、長距離の渡りに耐えられるように飛ぶ訓練をする時間も入れて逆算しているのでしょうね。
コウノトリで言うと、孵化まで5週間、巣離れまで1か月半、そして2か月の飛翔訓練ですかね。
そうすると5か月近くもかかるので、4月中の産卵が望ましいと思います。
[ 2021/04/30 23:04 ] [ 編集 ]


こんばんは。
この春は寒かったので、帰って来るのも遅めで、産卵も少し遅いようです。
本当にちゃんと孵って欲しいです。
[ 2021/04/30 23:00 ] [ 編集 ]


コウノトリの産卵時期は早いのですね。
これからの方が暖かくなるので、ヒナの育ちが良さそうですが…。

この先、三つの巣のコウノトリが、上手く繁殖すればいいですね。
ヒナたちで賑やかな夏になってほしいです。
[ 2021/04/30 22:22 ] [ 編集 ]


コウノトリの産卵が遅れてもきちっと雛が
孵ってほしいですね。
いつもブログの応援に感謝しています。

村ぽち☆彡☆彡
[ 2021/04/30 22:00 ] [ 編集 ]