写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

廃屋のコウノトリの巣はまだ空っぽ 

3711NoStork1.jpg
ワルシャワ南郊外の森の中の村のコウノトリの巣はまだ空だった
緩やかな丘陵下のこの田舎家は3年程前から廃屋だ

3711NoStork2.jpg
そして横の林がかなり切られたが 去年はコウノトリが戻った
近辺に勿論まだ家があり 別荘らしい新しい家も出来ている
だがここは無人 人がいないとコウノトリもいなくなるか…

3711NoStork3.jpg
私のゴルフ場と同経営のホテルの巣 一昨年初めて戻らなかった
昨年は暫くいたが 雛は生まれなかった 今年もまだ空っぽ
コロナ禍で営業停止中のホテル 馬屋前の馬場は草ぼうぼうだ

3711NoStork4.jpg
暗い気持ちになって運転中に…オッ コウノトリの群れ!
急停車して1枚だけ撮れた 10羽程が低い空を北西に向かっていた
今年は帰還が遅めなので まだ可能性はあるかも知れないと思った

3711NoStork5.jpg
ところで隣町外れの牧場にある巣にはちゃんと戻って来ていた
これで別荘近辺では一応3つの巣でコウノトリが確認出来た


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : 鳥の写真 - ジャンル : 写真



この記事をリンクする?:


[ 2021/04/16 18:16 ] コウノトリ | トラックバック(-) | CM(6)
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。
帰って来てもらいたいです。
そしてツバメが人家に巣をつくるのと同じ理由でコウノトリも巣をつくります。
自分のためと言うより、雛達のためです。
猛烈に食べるので餌探しに没頭せざるを得ない、その間に天敵にやられるのはこまると言う訳ですね。
[ 2021/04/16 23:56 ] [ 編集 ]


こんばんは。
コウノトリが人家近くに営巣する理由は雛を猛禽類から守るためです。
ですから人のいない家は好ましくないと考えていると思います。
[ 2021/04/16 23:53 ] [ 編集 ]


こんばんは。
温暖化と言うより、この冬から春にかけての悪い天気に影響されていると思います。
ともかく例年になく気温が低く、しかも営巣にあまりよくない変り易い天気になっています。
[ 2021/04/16 23:51 ] [ 編集 ]


3つの巣に コウノトリがいるのが分かったようです。
昨年、営巣していた巣には、帰って来てもらいたいですね。

人がいれば 猛禽類などの天敵が近寄らないので、
コウノトリは ツバメのように、人を利用しているのでしょうか。
[ 2021/04/16 23:44 ] [ 編集 ]


別荘付近のコウノトリたちが戻って来てこれから観察に
忙しくなりますね。人家があった方が餌が得られやすいのかも
しれませんね。

村ぽち☆彡☆彡
[ 2021/04/16 23:37 ] [ 編集 ]


温暖化で戸惑っているのかもしれませんが
来てほしいですねー
[ 2021/04/16 19:29 ] [ 編集 ]