写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

巣立ちの季節~コウノトリの若鳥達 

3451Fledgling1.jpg
ワルシャワ南郊外の隣村のコウノトリの巣 1羽雛がまだいるわい
そう思った 念のため一応望遠で覗くと なになに…

3451Fledgling2.jpg
くちばしの赤い親鳥だった 体が小さめなので多分母鳥
若鳥はもう巣立って父鳥と餌取や飛ぶ練習をしているのだろう

3451Fledgling3.jpg
隣町外れの3羽雛の巣に行って驚いた ここも無人 いや無鳥!
まだいるのではと思ったが…確かに特に1羽は巨大だった

先週の記事→馬が通せんぼで撮影し難かったが…

3451Fledgling4.jpg
それに隣の草原にいた馬達も消えていた 綱は張られたまま…
これは偶々だろうが とても寂しい気がした
森中の村にある1羽雛の巣も同様に全く鳥達がいなくなっている

3451Fledgling5.jpg
街中の巣には2羽の若鳥が残っていた とても綺麗な羽の若鳥達
くちばしの色に少し赤みが出始めている オッ 足が白い!

3451Fledgling6.jpg
これは飛び回って水辺に足を踏み入れた名残 間もなく巣立ちだ
今年は雛の誕生が遅めだった だがもう巣立ちの季節
これからは巣でコウノトリ達を見ることは殆どなくなるだろう…


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : 鳥の写真 - ジャンル : 写真



この記事をリンクする?:


[ 2020/07/30 19:19 ] コウノトリ | トラックバック(-) | CM(8)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。
そうなんですが、赤くなり始めても親の色と全く同じになるのは翌年です。
やはり空になってしまった巣を見るのは寂しいです…
[ 2020/07/31 15:41 ] [ 編集 ]


コウノトリはクチバシが大きくなると同時に赤くなるんですね。
多くの鳥は黄色のクチバシから黒っぽくなりますが…。

巣立ち時期を迎え、逞しく感じる気持ちと、
何か寂しい気持ちもあるのではないですか。
[ 2020/07/31 07:22 ] [ 編集 ]


お早う御座います。
有り難う御座います。
コウノトリの観察は本当に楽しい、いやもう楽しかったと言うべきですね。
これからは草原などで親子一緒にいるのを時々見かけることになると思います。
[ 2020/07/31 00:29 ] [ 編集 ]


こんばんは。
少し説明不足でしたが、母鳥もいろいろと教えます。
コウノトリの場合は子育てから教育まで雌雄共同ですww
そして餌取に加えて重要なことは上昇気流に乗って空高く舞い上がる練習です。
アフリカまで飛んでゆくにはかなりの高度にまで上がり、吹き始める北からの風に乗って南へ下ります。
[ 2020/07/31 00:27 ] [ 編集 ]


こんばんは。
そうなんです。
夜には8月になっても帰って来ることが多いのですが、日中は殆ど巣にはいなくなります。
やはり空っぽの巣を見るのは寂しいです…
[ 2020/07/31 00:23 ] [ 編集 ]


鳥のことがよく解っているゴロー・〇さんらしいコメントですねー
私には一部の色の変化まで分かりません。
[ 2020/07/30 23:39 ] [ 編集 ]


巣だった後父親が餌の取り方を教えてくれるんですね。夏の間に教えないと餌になる虫たちを取れなくなったりお父さんも忙しくなるのかな?
[ 2020/07/30 23:27 ] [ 編集 ]


コウノトリの雛たちが徐々に巣立っていなくなると
寂しくなりますね。

村ぽち☆彡☆彡
[ 2020/07/30 21:53 ] [ 編集 ]