写日記@ポーランド

ポーランドの自然、鳥や動物達の写真を中心にした永住者のブログです。

ポーランドが外国人の入国禁止措置 

3314EntryBanb.jpg
ポーランドは土曜深夜から非居住外国人の入国を10日間禁止する
これはモラビエツキ首相が新型肺炎の拡大阻止対策の一環として
発表したもの
それによると取り敢えず土曜深夜から10日間 必要ならば
更に20日間 そして更に30日間延長することもあると言う
一方でこの期間に帰国するポーランド人やポーランド居住の
外国人については14日間の検疫を求めることになるとも述べた
この国を訪れようとする日本人に直接関係する措置なので
記事としてアップすることにした
物流は止めないとのことだが 不明な点もある
それにこんなことが簡単に出来るのだろうか…


村ポチお願いします!
下のバナーをクリックして頂ければ励みになります 宜しくww

000拍手2



テーマ : ポーランド - ジャンル : 海外情報



[ 2020/03/14 06:12 ] ポーランド政治経済 | トラックバック(-) | コメント(-)

来年は『北朝鮮』?~強権化のポーランド新政権 



来年のワルシャワはこうなるかも・・・ネットを賑わす風刺画の一つだ
キム何とかさんに似たこの人はプチンスキ・・ではなくカチンスキ氏
去年の秋 ポーランドの政権を握った愛国保守で権威主義の政党党首だ
「法と正義」党が政権を握ったのは8年振り
この政党には地方の人達 そしてカトリック教会の強い支持がある



この女性はベアタ・シドゥオ新首相 だが出て来た袋にニンマリ顔が!
実はこの風刺画は意味深だ シドゥオはポーランド語で錐(きり)
下に書いてあるのは「袋から錐が出て来た」とのポーランド語の格言で
その意味は「判明した」「露見した」と言う意味
シドゥオ新首相はこのドンの操り人形と判明したと言う訳だ
因みにこの党首は6年前の大統領選に敗北した後 公職にはついていない



昨年ポーランドでは一つの党が初めて大統領と国会の過半数を獲得した
ヤロスワフ・カチンスキ党首 アレ~どっちと戸惑われるだろうが 左ww
右は6年前に飛行機事故で死亡した弟のレフ元大統領
共産主義時代に双子の子役としてスターになり 連帯運動に加わった
だが兄の方は以前から前面に出るより黒幕を好む政治家だった



共産党政権崩壊後 初めて完全に一党だけで政権を握ったこの党
言わばやりたい放題だ 憲法裁判所の改革(?)を行って前政権が
任命した判事候補を拒否し 裁判官数を増やして3分の2多数決を採用
つまり機能し難くした訳だが 更に大きな問題は新メディア法
これは国営放送の本部だが 早速経営陣を更迭し 新会長を任命した



風刺画には新会長が戒厳令時代の軍服姿のニュース司会者で登場だ
欧州議会議員だったこの人はともかくテレビに出たがり屋だった
更に国営放送と通信社の全職員を3か月以内に解雇して相応しい者だけ
再雇用する新法を現在作成中と言われているから驚きだ
これ以外にも多々西欧民主主義の常識を越えた強権体制作りに懸命だ
「ポーランドのプーチン化」にEUでも懸念が強まり 協議に入っている



情報のコントロールとも受け取れる政府の方針に抗議して国営放送では
著名キャスターや記者が次々に退社している
夜のメーンニュースのキャスター ピョートル・クラシコ記者
東北大震災時には日本にも出張した人だが やはり抗議の退社をした
反EUのこんな政権が出来た背景にはギリシャ問題や難民問題での混乱
ヨーロッパ経済の停滞等があるだろうが 個人的には極めて遺憾だ



・・・とここまで一気に書いたが 今の政治状況に本当にウンザリする
そこで気分転換で一昨日の氷の芸術(?)の続きの写真
左がプチン氷で右はカチン氷 いずれにしろ春が来れば落ちる
プチン氷を支える紐は太そうだが カチンの方は細い・・・と思いたいww





[ 2016/01/17 00:16 ] ポーランド政治経済 | TB(0) | CM(0)

この美人が大統領になったら・・・ 



この女性 タレント風の美人だが れっきとしたポーランド大統領候補
国営TVサイトのタイトル最初に「ブロンド女性の大統領?!」とある
人文科学者であり歴史学者 そしてキャスターや俳優もした35歳の
マグダレナ・オグレクさん 因みにオグレクは野菜のキュウリだ



今年5月のポーランド大統領選挙に向け候補者が今名乗りを上げている
キュウリさん いやオグレクさんは左翼民主連合候補として立候補した
先週末 ミレル党首と立候補会見を行ったが ミレル氏より遙かに背が高い
既婚女性で子供もいるそうだが 私的なことは殆ど紹介されていない



この政党は10年余り前には大統領を出していたし 政権も握っていた
共産党時代の支配政党の流れを汲むが 社会主義体制を明確に否定し
北欧型社会民主主義を目指している またオグレクさんは全くの
政治素人ではなく この政党の大統領の下で働いたこともある



政治運営は首相だが 外交など国を代表するのは大統領のポーランド
まだ立候補していないもののコモロフスキ現大統領が圧倒的な人気だ
だからオグレクさんは負けを覚悟の立候補に過ぎないとの見方もある
一方で政治に新風を吹き込めるかも・・そんな期待も出ているようだ



実は現首相は女性 トゥスク首相がEU大統領に転出したのに伴い
9月から国会議長だったエヴァ・コパチさんが勤めている
精力的な政治家で 『ポーランドのサッチャー』と呼ばれ始めている
クリスマス前に有名人の特集記事で知られる雑誌に登場し 話題になった



美人大統領候補の出現でネットには風刺画像がわんさとあるのでは
そう期待したが 見つかったのはこれのみ しかも肯定的だ フーン・・・
ネットユーザーには若い人達が多いが 意外と支持を集めるのかも
でも当選したら女性が2人! 「おお神様!」の叫び声が聞こえそうだ





[ 2015/01/12 05:41 ] ポーランド政治経済 | TB(0) | CM(14)

ポーランド首相がEU大統領に~ウクライナ危機の中で 



ポーランドのトゥスク首相がEUの次期理事会議長に選ばれた
ヨーロッパではこのところずっと噂になっていたが やはり現実になった
東欧出身者がEUの要職を占めるのはこれが初めてであり
ポーランドは国を挙げて歓迎している



ブリュッセルで開かれていたEU首脳会議での決定発表が国営テレビの
夜ニュースの時間帯と丁度重なり そのまま生中継されていた
真ん中がベルギー出身のファン・ロンパイ現議長 左がトゥスク首相だ
トゥスク首相は英語が下手で それが難点だと言われて来た



彼は会見の冒頭部分を英語で話したが 私は初めて彼の英語を聞いた
まだポーランド首相のままなので慣例に従って今は母国語で喋るが
12月の就任後は英語でちゃんと喋ります・・・スムーズな英語だった
そしてポーランドにとってEU以外の選択はないし EUは妥協だけではなく
EUの理想を実行に移さなければならないと強く訴えていた



この理事会議長はEU大統領とも呼ばれ 国際的な場でEUを代表する
また加盟各国の首脳で構成される理事会の活動を調整し 議長も務める
今のところまだ名目的なポストの感じが強いし ファン・ロンパイ現議長も
国際舞台では調整役に徹し それ程目立った存在ではなかったと思う
これまで加盟各国の首脳が持ち回りで議長になっていたのを変更し
彼が初の常設議長になったのだから仕方がなかったとも言えるが・・・



だがロシアのウクライナ介入で緊張している今 EUを代表する職に
ポーランド人が就くことはロシアにとっては極めて嫌なことだろう
逆に言えば ロシアとの緊張が高まっているからこそ選ばれたと思う
この写真はEUとアメリカの首脳会議だが オバマ大統領に加えて
ファン・ロンパイ議長 それに政策執行機関のEU委員長が加わっている



英語は上手ではないが トゥスク首相はドイツ語が堪能だ
会議ではドイツのメルケル首相とさしで話しをする姿がよく見られる
ドイツはもちろん フランスも またイギリスもトゥスク首相を支持しており
ロシアを熟知するEU大統領としてトゥスク首相には活躍の場が
予想以上にあるのではないかと私は期待している





[ 2014/08/31 05:01 ] ポーランド政治経済 | TB(0) | CM(10)

38歳富豪を逮捕~ポーランドの秘密録音事件 



ポーランド政府要人等のレストランでの会話を密かに録音した事件
38歳の富豪が逮捕されたとポーランドのマスコミが報じている
最初に伝えたのは民放のTVN 警察の特殊部隊がワルシャワ郊外にある
この富豪の家に到着した国営通信社の写真を同時に放映した
秘密録音事件についてはこちら → 「レストランの秘密録音で揺れるポーランド」



これを後追いする形で他のマスコミも一斉に報道し始めた
但し多くのマスコミは「マレック・F」と述べるに留めている
この国営TVの記事は「この富豪ビジネスマンは政府によって被害を
受けたと感じている可能性がある」と伝えている



報道によるとこの「マレック・F」は秘密録音を暴露した週刊誌
「真っ直ぐに」誌が発表した「100人のポーランド富豪2013年版」の
67位にランキングされている38歳の投資家だそうだ



この富豪は石炭関連会社等の株式や100haもの都市部の土地を所有し
資産は4億4000万ズロチ 日本円で150億円を越えると言う
彼が実質的に所有する石炭関連会社が多額の脱税の容疑で今月初め
強制捜査を受け 幹部数人が逮捕されている



これまでに2つのレストラン責任者が取調べを受け1人が逮捕されたが
検察の報道責任者が今日「新たに2人を逮捕した」とだけ発表した
つまりマレック・Fの他に逮捕されたのがもう1人いる訳だ
詳細は明日の水曜に発表するそうだが この富豪については
もう顔写真付きの実名で報道しているマスコミもある



1年も前から政府要人の会話を密かに録音し続け マスコミに流したのは
税金で政府に恨みを持つ富豪の仕業? フーン・・・
この富豪逮捕でポーランドを覆っていた暗雲に薄日が差し始めた感もある
一方 現政権が受けた打撃は大きく 来年秋に予定されている
総選挙の繰上げ実施に向けての動きはそのまま続いているのも事実だ





[ 2014/06/25 04:47 ] ポーランド政治経済 | TB(0) | CM(10)

雑誌社を捜索~ポーランドの秘密録音事件 



ポーランド政界を揺さぶる政府要人の会話を密かに録音した事件
治安当局が録音の内容を掲載した雑誌社の捜索を強行した
これはネット上に流布されたトゥスク首相の写真 ポーランド人には
33年前に戒厳令を宣言したヤルゼルスキ将軍をもじったとすぐ分かる
秘密録音事件についてはこちら → 「レストランの秘密録音で揺れるポーランド」



この雑誌は捜索の様子を動画も含めてネットで直ちに公開した
まず「国内治安局」と呼ばれる特殊情報部隊の係官が雑誌社に入った
そして右端に見える編集長に家宅捜索を通知している



続いて捜索に必要な機器を持った捜査員が編集部に入る
捜索は18日午後1時から夜遅くまで続いたそうだ
次の写真では暗くなっているから夜9時半を過ぎている
それにしても民主国家でマスコミ編集部の家宅捜索は異常だ



左の窓で胸に白く見えるパソコンを抱えているのは編集長
建物の下にいるマスコミの取材陣や群衆に当局の横暴を訴えている
係官等はこの時 編集長のパソコンとメモリーを押収しようとしていた
だが結局この編集長はどちらも必死に守り抜いたそうだ
そして次週号で更に録音にある要人会話の暴露を続けると宣言した



この一部始終も中にいたテレビカメラで撮影され 放映されている
今日になって会見したトゥスク首相もまた検事総長も「報道の
自由や記者の守秘義務を犯すつもりは全くない」と強調した
つまり“違法な録音をした犯人”の捜査が目的と言う訳だ



これもネットに流れた東隣りの軍服姿の独裁者「トゥーセンコ」
更に「2014年6月18日生まれの独裁者」と捜索の日付が書いてある
録音した者が分かれば政権批判をかわせる そう思ったのだろうが
これはやり過ぎ・・・そう感じた国民は多いと思う
野党は内閣総辞職と総選挙の繰り上げ実施を要求しているが
ひょっとしたらその方向に行くかも知れない・・・





[ 2014/06/20 05:34 ] ポーランド政治経済 | TB(0) | CM(11)